北九州小倉のスペシャルティコーヒー豆自家焙煎店珈琲工房森山ロゴ
 
 北九州小倉のスペシャルティコーヒー豆自家焙煎店珈琲工房森山の電話番号

北九州小倉のスペシャルティコーヒー豆自家焙煎店珈琲工房森山のコーヒーの入れ方

今日の終わりの1杯、
明日の始まりの1杯、
明後日のちょっとした合間の1杯、
貴重なひとときをコーヒーとともに。
コーヒーの画像
 

コーヒーの入れ方

1. 沸騰したお湯をコーヒー用ポットに移しかえる
(コーヒー用ポットがなければ使い慣れたやかんでもいいです)
こうすることでお湯のあら熱がとれ、95℃くらいになります
コーヒーを入れる時の温度は90℃前後が適温です
この時、サーバーも温めておきましょう
2. お湯をコーヒー豆の中心に少量注ぎ、
ドリッパーからコーヒーが落ちるか落ちないか位に注ぐのを止め、
蒸らします
そしてコーヒー豆が膨らむのを待つ
(だいたい20秒以内)
3. 再度、コーヒー豆にお湯を少量注ぎます
第2投目は中心から外側かけて"の"の字を描くように少しずつ注ぎ、
さらにコーヒー豆を膨らませます
※コーヒー豆の外側の土手はくずさないでください
4. 再度、コーヒー豆に残りのお湯を注ぎます
第3投目からは注ぐお湯の量を太めに注いでください
この時コーヒー豆が、紅茶のようにジャンピングしないように
"の"の字を描くように静かにやさしく注いでください
※コーヒー豆の外側の土手はくずさないでください
5. サーバーにコーヒーが適量入ったら
ドリッパーをはずしましょう
この時、大事なのは
ドリッパーに溜まっているお湯を出し切らないことです
出し切ると抽出オーバーの雑味・えぐみが出たコーヒーになります
適量のコーヒーがサーバーに入ったらもったいないと思わずに
ドリッパーにお湯が残った状態で
思い切ってドリッパーをはずしましょう
※コーヒー豆の適量の基準はメジャーカップ1杯が
コーヒーカップ1杯ですが、各自お好みで結構です
COPYRIGHT(C) 2011 COFFEEMORIYAMA ALL RIGHT RESERVED.